私達の赤ちゃんに会うために 30代で妊活から妊娠

不妊治療専門の病院へ通って2年。1月に体外受精に挑戦!⇒3月に移植⇒1人目妊娠しました!

妊娠中の全身のかゆみ 6つの原因と対策

妊娠から28週目ほどから

全身にかゆみが現れました。

 

掻いても掻いても掻きむしって

しまうほど全身がかゆくて

たまりませんでした。

 

フっとお腹を見ると、

ぶつぶつが・・・(._.)❕❕❕

 

今回は私が発症したかゆみに

ついてお伝えしていきます。

 

 

 

 

かゆみの6つの原因

f:id:yamato0709:20190922210606j:plain

 

画像を急に出してすみません(:_;)

気持ち悪いですよね・・

私も自分のお腹が

こんなになってしまって、

驚きました。

 

 

妊娠中にこのように

かゆみを発症してしまうケースには

6つの原因があります。

 

  • 肌が乾燥して、肌のバリア機能が失われてしまう
  • ホルモンバランスの低下
  • 肌が伸びるため、乾燥からのかゆみ
  • 血流がよくなるため、代謝がよくなり、汗によって湿疹がでる
  • 下着や衣服などのしめつけによっておこる
  • 妊娠線ができそこからのかゆみを発症

 

私の場合は、

  • 乾燥肌
  • 汗によっておこった
  • 下着の締め付け

 

この3つが原因かと思います。

 

下着は緩いものにしていますが、

どうしても、下着のちょっとした

縫い目がかゆかったり、

下着の摩擦で保湿をしても

乾燥気味になることが多々あります。

 

かゆみから逃れるための4つの対策

 

かゆくて仕方なく

夜もなかなか寝付けない日が

続きました。

 

そこで、かゆみから

逃れるために対策はないかと

調べたところ

 

  1. 保湿を念入りにする
  2. 衣服や寝具などを、コットン素材の自然由来のものにする
  3. 体重管理をし、妊娠線予防をする
  4. 皮膚科を受診する

 

がありました。

 

そこで私が選んだのは、

 

4.皮膚科を受診する   です。

 

 

 

皮膚科からもらった薬

 

f:id:yamato0709:20190922210707j:plain

 

 受診すると、たくさんの

学生さんや、幼児、主婦の方が

通院されていました。

 

私の名前が呼ばれ、

受診した理由を述べたところ

 

「妊婦によくあるかゆみ」

 

という診断でした。

 

 

そこでもらった薬は、

妊婦でも使うことのできる

塗り薬です。

💊薬💊の名前は下記の通りです。

 

f:id:yamato0709:20190922210734j:plain

 

 

 

 

塗り続けた結果

 

f:id:yamato0709:20190922210756j:plain

 

 

塗り続けた結果、

ご覧の通り肌のぶつぶつが

なくなりました!!( ;∀;)✨

よかったー!!

一安心。

 

しばらくの間

この薬を使って

かゆみから逃れていました。

 

 

その後は飲み薬を

もらって肌のトラブルを

防ぐことが出来ています。

 

 

妊娠中は、色んな

マイナートラブルが

発生しますが、

その都度解決して、

元気な子を産みたいと思います♬

スポンサーリンク